Connect19概要ブログ

2019年9月27日   |     |  文化とニュース

2019年9月25日、サンフランシスコのダウンタウンの気温は34度に達しました。それと同様に、サンフランシスコのインターコンチネンタルホテルの開催された、OneLogin Connectも熱気に満ちていました。ブラウザエクステンションで提供されるセキュリティ第一のソリューション、Shield by OneLoginの発表で熱気が高まりました。これを使用することにより、エンドユーザーは今日の最も一般的なサイバーセキュリティの脅威に対抗することができます。これについては後でより詳しく説明します。OneLoginのお客様とパートナーをお迎えし、リーダーシップ、製品発表、各種ツールに関するセッション、ネットワークの機会など、熱気が絶えることはありませんでした。

サンフランシスコまでいらしてくださったパートナーやお客様にとても感謝しています。皆様にとってConnect19が有益なものであったことを願うと同時に、皆様との今後のコラボレーションとイノベーションを楽しみにしております。

今回ご参加いただけなかった皆様には、今後お会いできることを楽しみにしております。Connect19はエキサイティングな一日でした。ハイライトをご紹介します。

Shield by OneLogin:パスワード攻撃に対する第一線の防御策

Connectは、特別な製品発表から始まりました。Shield by OneLoginです。パスワードの再使用、IDの再使用、弱いパスワード慣行、フィッシングから、お客様や企業を保護する初のブラウザエクステンションです。ShieldはGoogle Chromeを通じて提供され、お客様は、安全でないパスワードをなくし、フィッシング攻撃から身を護ることができます。特にShieldは、ユーザーが複数のアカウントで同じパスワードを使用している場合にそれを検出します。ハッカーが1つのアカウントを侵害すると、同じ認証情報を使用して他のアカウントも侵害する可能性があるため、複数のアカウントで同じパスワードを使用することは危険です。さらにShieldは、ユーザーが侵害されやすい、弱いパスワードや一般的なパスワードを使用している場合に、ユーザーに警告します。

基調演説

OneLoginの社長兼CEOのBrad Brooksは、Connectの開幕として2019年度にOneLoginが成し遂げた実績について話し、そして、OneLoginのTrusted Experience Platform™を紹介しました。

「当社は、次世代の信頼ベースのプラットフォームを構築し、認証の意味を改革します。パスワードを排除し、人々が認証として捉える枠組みを変えます。」Trusted Experience Platformは、3つの柱を持ちます。

  • 卓越したユーザーエクスペリエンス:当社は、当社のテクノロジーが最も見え難い部分でエンドユーザーに最大の価値をもたらします。
  • セキュリティを通じた自信:当社のお客様は、自信を持って未知の分野を開拓することができ、新しい価値を解放できます。
  • 信頼の方程式:信頼は3つの中核的原則から構築されます: f(x) =信頼性+パフォーマンス+プライバシー2。(お客様と、お客様の個々のエンドユーザーの両方のプライバシー)。

The OneLogin Trusted Experience Platform™

数学は得意ではないですか?当社にお任せください。当社の製品最高責任者、Venkat Sathyamurthyが率いる製品チームが、皆様のf(x)を解決します。

製品ロードマップ

現代社会は、コンピュータで動いています。OneLoginのCPO、Venkat Sathyamurthyは、コネクティビティの傾向がさまざまな業界に広がっており、この急激な拡散は、ハイパーコネクティビティが新しいチャンスを促進する、第四産業革命を支持するものだと言っています。このチャンスに対する、当社の回答がTrusted Experience Platformです。

  • Shieldは、パスワードの再使用、IDの再使用、弱いパスワード慣行、フィッシングといった、今日最も一般的なサイバーセキュリティの脅威のいくつかに対抗します。
  • Vigilance AIは、データと自動化のパワーを活用し、リスクに基づいた決定を可能にして、より良いユーザーエクスぺエリンスを実現します。この製品は、人間の能力を超えて動作における異常なパターンを識別し、脅威に対する高度な防御をもたらします。
  • Smart-Factor Authenticationは、人工知能と機械学習を駆使してテキストに基づくパスワードによってもたらされるリスクを制限し、コンテキストに基づく認証方法を提供します。
  • Project Blueprintは、UI駆動の管理を人気のDevOpsツールに置き換え、より強力なセキュリティと継続的開発を実現する、DevOpsイニシアチブです。
  • Enterprise Sandboxでは、運用環境に展開する前に、ユーザーは新機能や設定をテストすることができます。OneLogin Enterprise Sandboxを使用すれば、ユーザーは変更管理プロセスを簡易化し、自動化することができます。
  • Project Hydraは、OneLoginの目標である、通信業者レベルの信頼性を示すものです。当社のアーキテクチャの利点と近代的なサイトの拡張性、そして信頼性アプローチを組み合わせ、新しいレベルの信頼性を実現します。

お客様のハイライト

Connectの最大のメリットのうちの1つは、お客様同士が互いから学ぶ環境を提供することです。Virgin Hyperloop OneのITディレクター、Dawn Armstrong氏が、DigicelのIT /セキュリティ運営グループ責任者のDavid Wong氏やセキュリティ運営マネージャのAvryl Francis氏とともにパネルディスカッションに参加したお客様のハイライトに、それが顕著に現れています。DigicelとVirgin Hyperloop Oneの両社は、それぞれユニークなユースケ―スを持ってOneLoginにやってきました。

Virgin Hyperloop Oneは、ADFSから移行してスケーラビリティ、プロビジョニング、シングルサインオン(SSO)、多要素認証(MFA)を改善する必要がありました。同社は、36時間未満で、7個を超える主要アプリケーションをOneLoginに展開することができました。Armstrong氏は、「当社は5番目の輸送モードを作成中で、当社同様に迅速に機敏に動けるベンダーを必要としています。」

Digicelは、長いアプリケーション統合時間、スケーラビリティの欠如、手動でのオンボーディングプロセス、危険なパスワード慣行などの課題を解決する必要がありました。同社のOneLoginソリューションは、32か国にわたる9000人のユーザーのアクセスを一元化し、セルフサービスのパスワードリセットを可能にし、スケーラビリティを改善し、SSOとMFAでセキュリティを強化しました。Wong氏は、OneLoginがいかにDigicelのデジタル変革を支援したかについてコメントしました。「当社では、ビジネスをサポートするためこれらのアプリケーションを非常に迅速に機敏に統合する、能力と柔軟性を必要としていました。」

パワーユーザーラボ

午後には、出席者はOneLoginの製品専門家やソリューションエンジニアとの、各種ツールに関するセッションに参加しました。お客様は、現在の既存の技術投資について直接熱心に質問したり、新しく発表された製品をプレビューすることができました。

カスタマーとパートナーの賞

最終的に、OneLogin Connectにとって最も重要なのは、パートナーとお客様です。パートナーとお客様は、当社の成長にとって欠かせない存在です。パートナーとお客様の協力とインサイトにより、当社は革新を行い、世界中の組織に製品をお届けすることができます。皆様の貢献と会社としての成功を祝い、当社製品の使用が卓越していたお客様を表彰させていただきます。今年のカスタマー賞受賞者は次のとおりです。

  • ベストコラボレーション努力、Herman Miller
  • ベストクラウド開発、San Francisco Bay Area Rapid Transit District (BART)
  • ベストビジネストランスフォーメーション、Pacificorp
  • OneLoginで最もクリエイティブなユースケース、AMN Healthcare

OneLoginパートナー賞は、OneLogin製品の販売を通じてお客様の改革へのコミットメント、製品収益、成長を見せたパートナーを表彰するものです。今年のパートナー賞の受賞者は次のとおりです。

  • 本年度のリセラーパートナー賞、Port 53
  • 本年度のソリューションパートナー賞、Veristor
  • 本年度のMSPパートナー賞、Kinetix
  • 本年度のテクノロジーパートナー賞、Samanage
  • 本年度の新進パートナー賞、BeyondTrust

Connect19を特別なイベントにしてくださったお客様とパートナーの皆さまに重ねてお礼を申し上げます。当社では皆様のパートナーシップがいかに貴重なものであるかをよく理解しております。今後も引き続きご協力をお願いいたします。

Connect SFに参加できなかった方々は2020年まで待つ必要はありません。2019年10月15日に、Connect UK 2019がロンドンのMEホテルで開催されますので、どうかご参加ください。