Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Vigilance AI™ Threat Engine

リスクの検知と不正アクセスの防止
Vigilance AI™ Threat Engine

ユーザアカウントの保護およびアプリケーションアクセスの保護

人工知能と機械学習を搭載しているVigilance AIは、ファーストパーティおよびサードパーティソースからの大量のデータを分析し、すべてのユーザおよびアプリケーションで異常を見つけ、脅威を防ぎます。

Vigilance AIはユーザおよびエンティティ行動分析(UEBA)機能を使用して通常時のユーザ行動のプロファイルを構築し、その後、リアルタイムで異常を見つけてリスクを防止するため、高度に脅威を防ぐことができます。

ユーザアカウントの保護およびアプリケーショ���アクセスの保護

毒をもって毒を制す: 人工知能と機械学習

この1年で、人工知能(AI)と機械学習(ML)機能を利用したサイバー攻撃の数がほぼ12倍に増加しました。セキュリティリーダーは防御戦略におけるAI/MLテクノロジーの利用を増やし、従来のテキストベースのパスワードから脱却しようとしています。

OneLoginの新しい機能を使用すると、毒をもって毒を制すことができるようになり、AI/MLテクノロジーを使ってAIを利用した脅威と闘えるようになります。

ユーザの負担を軽減

ユーザの負担を軽減

Vigilance AIによってあるユーザ行動が典型的であると判定されると認証要件が下がり、ユーザの負担が軽減されます。

例えば、従業員が頻繁に同じデバイスで同じネットワークを使用して在宅勤務する場合には、完全な多要素認証(MFA)ではなく、パスワードのみで十分でしょう。

データをThreat Intelligenceに変換

広範な入力を分析して、以下のようなリスクを評価します。
データをThreat Intelligenceに変換

SmartFactor Authentication™の強化

パスワードは企業にとって最もリスクが高く、データ漏洩の80 %は侵害された脆弱なパスワードに起因しています。SmartFactor Authenticationは、Vigilance AIに基づくコンテキスト認識型の認証手法を提供して、テキストベースのパスワードからの移行を推進します。

OneLogin SmartFactor Authenticationは、多要素認証(MFA)をユーザに求めるかどうかを機械学習を使用して判断します。Vigilance AIはアクセスに使用しているネットワーク、デバイス、地理的場所、および時間などの情報に基づいてユーザプロファイルを作成し、新しいログイン試行のリスクをそのプロファイルに照らし合わせて評価し、SmartFactor Authenticationに情報をフィードして、ログイン要件をリアルタイムで変更します。

リスクスコアの高いログイン試行については、多要素認証を求められるか、特定の機密アプリケーションまたはポータル全体へのアクセスが拒否されます。OneLogin Trusted Experience Platform™の一部であるSmartFactor Authenticationは、OneLogin Protectおよびサードパーティの認証プロバイダと連携して動作します。

コンテキスト認識型の認証

コンテキスト認識型の認証
OneLoginの新しい適応型ログインフロー機能はVigilance AIを使用して、認証フローをリスクに基づいて自動的に再構成します。異常なアクティビティやリスクの高いアクティビティが検知されると、MFA、証明書、および生体データなど、テキストベースのパスワードではない要素を使用した認証が必要になります。また、カスタムの認証フローを設定したり、次世代の認証テクノロジーを採用したりすることもできます。

すべてのアプリ、ユーザ、およびデバイスを保護