Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Smart Hooks

カスタム・サーバレス・コードを使用するOneLoginで他のシステムを緊密に統合
Smart Hooks

課題

常に進化するセキュリティのニーズ

ビジネスの成長と進化に伴い、そのセキュリティ要件も大きく変化します。法令順守、業界固有のセキュリティの傾向、終わりのないアプリケーションの増加により、ワークフローを調整し、サードパーティーシステムへすばやく統合する必要性が高まっています。

ITチームや開発担当者には、独自のアクセス要件に合わせて確実に拡張できるようにカスタムロジックを作成する容易な方法が必要です。開発をカスタマイズできなければ、組織の迅速に市場展開する能力に影響します。

常に進化するセキュリティのニーズ

ソリューション

これまで想像もしなかった方法でOneLoginの機能を拡張

Smart Hooksによって、ITチームや開発担当者はサーバの維持や監視の必要なしにカスタムワークフローと統合を作成できるため、組織に固有のアクセスのニーズにすばやく対応できるようになります。

カスタムワークフローを作成

組織に固有のユースケースに適した新たな認証フローと統合を作成します。

市場展開までの時間を短縮

カスタム要件をすばやく実装し、すべてのユーザに適した優れたログインエクスペリエンスを構築します。

拡張時のパフォーマンス

自社サーバを維持および監視する必要なく、ピーク負荷を自動的に拡張します。

統合のコストを削減

OneLoginは、カスタマイズをホスト、実行、および拡張するため、お客様はすばやく統合を構築できます。

仕組み

カスタムワークフローと統合を構築

Smart Hooksにより、固有のビジネスのニーズに合わせてOneLoginを拡張することができます。これは、カスタムコードスニペットを実行し、OneLogin内のワークフローを変更する機能を開始する拡張ポイントを提供することで実現します。当社のAPIのコレクションにより、Smart Hooksを作成、更新、削除するエンドポイントを提供し、環境変数を定義して実行ログへアクセスします。

カスタムワークフローと統合を構築

詳細をご希望ですか?

Smart Hooksの詳細については、製品データシートをご覧ください
事前認証フック

事前認証フック

ログイン時にユーザポリシーを動的に割り当てることでカスタム認証フローを作成し、最小限の特権アクセスの原則を実装してZero Trustを環境全体に拡張します。
ユーザ移行フック

ユーザ移行フック

ユーザにパスワードのアップデートや変更を求めずに、パスワードを含むすべてのユーザデータを既存のレガシーソリューションから最新のよりセキュアなIDプラットフォームに徐々に移行します。

すべてのアプリ、ユーザ、デバイスを保護