Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

パスワード時代の終焉

これからはSmartFactor Authentication™
OneLoginがパスワードを排除

パスワードは問題

資格情報は、サイバー犯罪者の主なターゲットです。ユーザ名とパスワードは、企業のシステム、データ、および知的財産へのアクセスへのロックを解除するからです。

80 %

脆弱な資格情報または盗まれた資格情報が関係している漏洩

72 %

パスワードを覚えるのに苦労する人

70 %

職場でパスワードを再利用する従業員

静的な2FAでは不十分

2要素認証(2FA)は、脆弱なパスワードの解決策になるはずでした。ログイン中に別の認証を追加することで、MFAは、犯罪者が盗まれたパスワードを使ってアクセスするのを難しくします。

しかし...ワンタイムパスワードを傍受したり、ハードキーを盗んだりするなど、サイバー犯罪者はより巧妙になってきています。

事実: すべてのログインは同じではない

よりリスクが高いと見なされるログイン試行があります。例えばサイバースパイで知られている場所からのログインです。また、通常とは異なる時刻に、知られていないデバイスからログインしている場合もそうです。

信頼できる体験には、最も迅速かつ簡単で、できる限り安全なログイン、つまり安全性に重きを置いたログインが必要です。すなわち、リスクの低いログインの場合、パスワード不要で、高速かつ簡単である必要があります。しかし、高リスクと判定されたログインには、難しい認証を求める必要があります。

これは、再利用可能なパスワードに決して依存しないことを意味します。

SmartFactor Authentication™の導入

今日の適応型認証は、各ログインのリスクとコンテキストを評価して、それに応じて適応できるほど賢くなければなりません。

これは、まさにOneLoginのSmartFactor Authenticationができることです。

OneLogin Vigilance AIを搭載するSmartFactor Authenticationは、機械学習を使用して自動的に認証を調整します。

SmartFactor Authentication

SmartFactor Authenticationはデータを保護

SmartFactor Authenticationが、従業員、パートナー、およびお客様にスムーズで信頼できる体験を提供しながら、どのように企業のデータを保護できるのかをご覧ください。