Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

Oracle EBSの展開を保護

Oracle eBusiness Suite(EBS)はビジネスの中核です。投資を保護しましょう。
Oracle EBSの展開を保護

OneLogin SSOによりOracle EBSの認証を刷新

アプリをクラウドサービスに移行できない場合は、クラウドサービスのすべてのメリットをオンプレミスで実現します。単一でセキュアなユーザの認証パスによりOracle eBusiness Suite(EBS)へのアクセスを簡素化し、保護します。

OneLoginのシングルサインオン(SSO)でOracle EBSの認証を刷新しましょう。

セキュリティ

セキュリティ

  • 一元的なアクセス: ログイン試行を1つの一元的な入口に絞り込み、可視性とポリシーの強制を実現します。

  • テキストベースの脆弱なパスワードの代わりにクラス最高水準の認証方式であるSAMLを使用します。

  • セキュリティ管理を実行: MFA、複雑なパスワードの要求、パスワード変更の頻度を管理します。

シンプルさ

シンプルさ

  • 使用するデバイスや場所にかかわらず、1つの宛先からOracle EBSにアクセスできます。

  • 管理とレポート作成をシンプル化: 全ログインアクティビティが監査証跡に記録されるため、誰がOracle EBSにアクセスしたかを把握できます。

  • OneLoginの最新のポリシーエンジンを使用することで、Oracle EBSのアクセスポリシーを設定し、実施できます。

ガイドに従った実装

ガイドに従った実装

専門知識の豊富なプロフェッショナル・サービス・スタッフと実装用リソースを活用して今すぐ始めましょう。

以下を支援します。

  • ユーザのニーズに応じたソリューションの設定および展開
  • 従来の複雑なアクセス管理ツールからの移行
  • 変更管理の合理化とユーザへの普及のシンプル化。

ガイドに従って実装することにより、年単位ではなく週単位で完了します。ぜひクラウドサービスをご利用ください。

セキュリティ課題の解決

Oracle EBSにある財務、HR、および戦略的な計画の情報はビジネスの中核であり、組織内で最も機密性の高いデータです。

複雑なアクセス

ユーザは、VPNなどの不満を感じる技術を使用してEBSにアクセスする必要があります。

時代遅れの認証

Oracle eBusiness Suiteは、フェデレーションやMFAなどの最新の認証機能はサポートしていません。

旧式のセキュリティ

リスクを考慮したMFAやイベントストリーミングなどの最新のセキュリティ機能はサポートしていません。

従来のオンプレミス

EBSは個別に管理され、増え続けるSaaSアプリのカタログとは統合されません。

レガシーアプリのID刷新がかつてないほど簡単になりました

多要素認証によるOracle EBSの保護

OneLoginの強力なリスクベースのMFAが、ビジネスのスピードを落としたりユーザに負担をかけたりすることなく、セキュリティを一層強化します。
セキュリティ

セキュリティ

  • パスワードのその先へ

    パスワードはセキュリティチェーンの弱点です。さらに安全な認証要素で従来のパスワードを強化しましょう。

  • ビジネスのスピードを落とさない、コンテキスト依存のセキュリティ

    適応型の多要素認証は、機械学習やカスタマイズ可能なアクセスポリシーを利用したリスク分析を使用して、リスクの高い状況でのみMFAを要求します。

  • 生体認証による究極のセキュリティ

    指紋やApple Face IDなどの生体要素を使用してOracle EBSにログインできます。

シンプルさ

シンプルさ

  • シンプルなユーザ管理

    応答性の高いWebベースの管理ポータルを使用して、どこからでも管理できます。自動化が組み込まれており、ベストプラクティスとトレーニングが提供されます。サーバや専門知識は不要です。

  • 数ヶ月ではなく、わずか数分で展開

    テンプレートを使用したソリューションで、ユーザは迅速に実装して運用を開始できます。

  • 柔軟な要素で容易に認証

    OneLogin Protect、エンタープライズクラスのMFAであるiOSとAndroid用アプリ、ワンタイムSMSコード、および電話ベースの音声認証などの認証要素を使用できます。

エンドユーザエクスペリエンス

エンドユーザエクスペリエンス

  • 常に最新

    サービスとして提供されるOneLogin MFAは常時更新されるため、常に最新かつ最高のセキュリティを確保できます。

  • 少ないログインで生産性を向上

    機械学習によってユーザの典型的行動などのリスク要因を評価し、リスクの高い状況でのみユーザにMFAを要求します。

  • セルフサービスをサポート

    コストと業務中断を最小限に抑えます。直感的なセルフサービスでデバイスを登録および管理できるため、展開の効率化、採用の加速、およびヘルプデスクサポートの削減が実現します。

今すぐご利用ください

今すぐお問い合わせください。重要なアプリケーションとデータを保護する方法をご説明します。