Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

ID管理をシンプル化

IDの混乱に対処し、セキュリティのリスクとITのコストを削減
IDの混乱とOneLogin

IDシステムの複雑さが大混乱を招く

個別のユーザと個別のシステムの管理で手間取っていませんか? プロビジョニングで頭痛の種になるレガシーシステムのサポートを続けますか? 乱雑な状態に終止符を打ちましょう。IDの混乱は、ITの時間と予算を食いつぶし、ユーザに不満を与え、セキュリティのリスクを増加させます。

シングルサインオンで混乱を排除

セキュリティの穴をふさぐ

セキュリティの穴をふさぐ
IDおよびアクセス管理(IAM)を一元化しなければ、パスワードセキュリティの徹底が困難になり(パスワードで混乱が発生し)、元社員のプロビジョニング解除が遅れる可能性が高まります。これはいずれもセキュリティのリスクの原因になります。

IDの混乱による時間の浪費

IDの混乱による時間の浪費
Active Directory、Workday、クラウドアプリなど、個別のID要素を複数運用していると、従業員のオンボーディングや、新しいアプリへのプロビジョニングなど、基本的な作業すらも非常に時間がかかってしまいます。

従業員の生産性を妨害しない

従業員に対する障害物

IDの混乱により、必要なアプリがなかなか手に入らない、パスワードをリセットしなければならないなど、従業員の作業に遅れが生じます。そのためにシャドーITの発生や、ずさんなパスワード利用などの可能性が高まります。OneLoginのTrusted Experience Platform™が対応します。

Lighthouse Academy

現在7,000を超えるアカウントの団体を運営していますが、ユーザIDの管理には1日に2時間もかかりません。これもすべてOneLoginのおかげです。

Casey Muse氏 CIO

SOTI

OneLoginの導入は、SOTI全体にとって大きな成功でした。ユーザは、1つの場所からすべてのアプリケーションにアクセスできるようになりました。また、パスワードを全部覚えなくてはと心配する必要もありません。

Scott Underhill氏 SOTI、ITマネージャ

Steelcase

OneLoginのおかげで、必要なセキュリティが手に入りました。一方でユーザには、生産性向上アプリを選ぶことのできる柔軟性も与えられます。

Gary Graeff氏 Steelcase、ITグループマネージャ

OneLoginソリューションの詳細をご覧ください