2017年2月6日

OneLogin、Workdayソリューションパートナーに認定。Workdayと双方向シームレス連携を提供

Workday人材管理を使ったアクセス管理ソルーションの認定統合によりセキュリティと生産性が向上

カリフォルニア州サンフランシスコ、2017年2月6日 – OneLogin、Workday (NYSE: WDAY)ソフトウェアパートナーは、本日、Workday認定ソルーションパートナーとなったことを発表しました。 OneLoginは、Workdayの人材管理 (HCM)を、シングルサインオン(SSO)、ユーザープロビジョニング、多要素認証などのOneLoginエンタープライズグレードIDおよびアクセス管理ソリューションとシームレスに結び付ける双方向統合を顧客に提供します。WorkdayのHCMは、組織がより迅速な意思決定を行い、業務の可視性を手に入れ、将来の人事異動の準備を行い、効果的なチームを構築することが可能な単一システムです。 この統合により、Security Assertion Markup Language (SSO)、ユーザープロビジョニング、および、Active Directory(AD)、Lightweight Directory Access ProtocolやG Suite(前Google Apps)ディレクトリとの互換性を含むOneLoginのクラス最高のコネクションを使用した多要素認証など、OneLoginの既存の統合が拡張されます。

OneLoginとWorkdayとの統合により、企業は、Workday HCMを、クラウドアプリケーションと内部ディレクトリの全てにわたるユーザーID(従業員、請負業者、パートナー)の単一ソースとして確立することができます。 たとえば、HRチームがWorkday HCMに従業員プロファイルを作成すると、クラウドアプリケーションへのアクセスは、部門や職責など、従業員の役割やその他の必要なパラメータに基づいてすぐに配布されます。 さらに、従業員が退社すると、OneLoginを使ってWorkday HCMのステータス更新を閲覧できるため、従業員の関係アプリケーションへのアクセスを取り消すことができます。

OneLoginの製品担当副社長、デービッド・メイヤー氏は、「この認定統合は、顧客にクラウド技術への安全で容易なアクセスを提供するという我々の使命を後押しします」と語っています。 「Workdayと提携することで、我々2社の顧客は Workday AD、および他のクラウドアプリケーションの間のユーザープロビジョニングワークフローをさらに合理化し、セキュリティを強化し、コンプライアンスを向上させることができます。」

Northland Power Inc.のIT責任者、アレン・チャールズ氏は、「OneLoginとWorkday HCMとの統合により、Northland Powerは自社のITシステム全体で人事関連のアカウントや属性を自動的に同期させることができます」と語りました。「これにより、時間を節約し、当社のアプリケーション・ポートフォリオ全体で適切なアクセス制御を維持しながら、ユーザー・アカウントを管理する際のタッチポイントの数を最小限に抑えることができます。」

OneLogin, Inc.について

OneLoginは、受賞製品SSO(single sign-on)やクラウドIAM(identity and access management)プラットフォームで現代ビジネスにスピードと統合性をもたらしました。 我々のソリューション製品は、全てのユーザー、全てのデバイス、そして全てのアプリケーションへの接続を確実なものとし、企業のクラウドおよび自社運用アプリケーション全てにわたり、ビジネス統合性、操作速度およびチーム効率性を新たなレベルへと押し上げる手助けをしています。 Condé Nast、Steelcaseのように、あらゆるサイズの事業者に対応しており、OneLoginは地球上で、数百万ものIDを管理・保護しています。 本社所在地は、 カリフォルニア州サンフランシスコです。 さらに詳しい情報については、www.onelogin.com, Blog, Facebook, Twitter、または LinkedInをご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先

OneLogin, Inc.
日本代表: 福見 誠
E-Mail: makoto.fukumi@onelogin.com
Home Page: https://www.onelogin.com/jp

※1:「OneLogin」は OneLogin,Inc.の登録商標です。
※2: 本文中に記載されている製品名、および社名はそれぞれ各社の商標、または登録商標です。