2016年11月9日

OneLogin、Sphere Secure Workplaceを買収し、エンタープライズ向けの次世代モバイルアプリケーション管理を提供

カリフォルニア州サンフランシスコ、2016年11月9日 現代ビジネスにスピードと統合性をもたらしたID管理プロバイダーである - OneLoginは、本日、次世代モバイルコンテナ技術を使ったソフトウェアベンダーであるSphere Secure Workspace, Inc.の買収を発表しました。 Sphereの技術は、デスクトップからモバイルデバイスまでOneLoginのエンドポイントセキュリティを拡大し、企業向けの統合エンドポイント管理ソリューションを提供するために使用されます。

OneLoginのCEOで共同設立者でもあるトーマス・ペダーソン氏は、「本日のSphere Secure Workspaceとその次世代モバイルコンテナ技術の買収は、戦略的買収によって積極的に事業を成長させる当社の戦略の一部だ」と語りました。 「今日のBYODの世界において、企業は従業員のモバイルデバイスからのアクセスを確保するのに苦労している。 ほとんどのデバイスにはセキュリティが確保されておらず、従来のMDMソリューションは管理が複雑で従業員のデバイスにそれを強制するのは気が引けるため、企業はその導入を躊躇している。」

Sphere Secure WorkspaceのCEOで共同設立者でもあるクビ・メンサ氏は、「Sphereの動的コンテナ・アプローチには数多くの利点がある」と語りました。 「コンテナは、ベンダーの技術的な関与なしにモバイルアプリケーションを処理する。 その結果、ユーザーは常にそれぞれのモバイルアプリの最新バージョンを利用でき、多数のモバイルアプリを簡単にサポートできるようになり、セキュリティ保護が可能なモバイルデータの量を増やすことができる。」

OneLogin Mobileは、2016年12月にはベータ版が利用可能になり、2017年初頭には一般公開されます。 Sphereの買収は、過去10ヶ月間でOneLoginによる3回目の買収です。 OneLoginは、2016年6月に、クラウドベースのパスワード管理ツールであるPortadiを買収しました。このツールを使えば、従業員がアプリにサインインするとOneLoginポータルに自動登録されるため、従業員の生産性を向上させることができます。 OneLoginは、2015年12月にCaféSoftを買収しました。OneLoginは、この技術を組み込むことにより、簡易的な社内Webアクセス管理(WAM)などハイブリッド環境向けの包括的アイデンティティ・ソリューションを提供することが可能になりました。 買収したPortadiとCaféSoftは統合され、OneLoginの幅広い顧客層に提供されてきました。

ウェビナー: IDaaS: Modernize Your IAM in the Cloud
ビデオ: Cloud-Based IAM for the Modern Enterprise
白書: The Case for Cloud-Based IAM

OneLogin, Inc.について

OneLoginは、受賞製品SSO(single sign-on)やクラウドIAM(identity and access management)プラットフォームで現代ビジネスにスピードと統合性をもたらしました。 我々のソリューション製品は、全てのユーザー、全てのデバイス、そして全てのアプリケーションへの接続を確実なものとし、企業のクラウドおよび自社運用アプリケーション全てにわたり、ビジネス統合性、操作速度およびチーム効率性を新たなレベルへと押し上げる手助けをしています。 Condé Nast、Steelcaseのように、あらゆるサイズの事業者に対応しており、OneLoginは地球上で、数百万ものIDを管理・保護しています。 本社所在地は、カリフォルニア州サンフランシスコです。 さらに詳しい情報については、www.onelogin.com, Blog, Facebook, Twitter、または LinkedInをご覧ください。

本リリースについてのお問い合わせ先

OneLogin, Inc.
日本代表: 福見 誠
E-Mail: makoto.fukumi@onelogin.com
Home Page: https://www.onelogin.com/jp

※1:「OneLogin」は OneLogin,Inc.の登録商標です。
※2: 本文中に記載されている製品名、および社名はそれぞれ各社の商標、または登録商標です。