2019 年 2 月 19 日

OneLogin が主要なオンプレミス型エンタープライズ アプリケーション向けのパッケージ ソリューションを Unified Access Management プラットフォームに追加

Oracle E-Business Suite、Oracle PeopleSoft、Atlassian Jira/Confluence アプリケーションのアイデンティティ・アクセス管理を簡素化

米国カリフォルニア州サンフランシスコ、2019 年 2 月 19 日 Unified Access Management 分野の業界リーダー OneLogin は、Oracle E-Business Suite、Oracle Peoplesoft、および Atlassian のアプリケーション Jira と Confluence 向けにオンプレミス アプリケーションとクラウド アプリケーションのアクセス管理を簡単に行えるようにするパッケージ ソリューションを発表しました。これにより、単一の Unified Access Management (UAM) システムで、ビジネスに不可欠なクラウド アプリケーションと長年使ってきたオンプレミス アプリケーションの両方に対応できるようになります。詳しくは、OneLogin のブログ記事「Winter ‘19 Release」をご覧ください。

「初めから完全クラウド型でスタートしていない限り、企業が完全クラウド化されることはないでしょう。今日の大半の企業にとっては、ハイブリッド型が現実的な方法です。この結果、企業はオンプレミスとクラウドの混合環境に取り組んでいくことになり、ユーザー管理のために複数のアイデンティティ アクセス管理システムが必要になります」と OneLogin の CPO、Venkat Sathyamurthy は言います。「OneLogin により、単一の画面ですべてを一元管理できるようになります。お客様からは、20 年以上使っている、ビジネスに不可欠なプラットフォームにおいてもユーザーと IT の管理費用全体を改善できると評価いただいています。」

OneLogin の UAM プラットフォームは、すべての企業データ、デバイス、ユーザーのセキュリティ、信頼性、管理を実現することで、急速に変化するハイブリッド エンタープライズのニーズに応えます。OneLogin のこの拡張可能なソリューションは、厳格なセキュリティ体制を保ちながら、エンドユーザー エクスペリエンスを改善したいという、アイデンティティ・アクセス管理に対する企業のニーズに応えることができます。OneLogin のプラットフォーム上で、シングル サインオン (SSO)、多要素認証 (MFA)、オンプレミス アプリケーションへのリモート VPN アクセスなどのサービスが提供されます。OneLogin Access を使用すると、お客様はすべてのアプリケーションのアクセス権限をリアルタイムで変更できるようになります。数日間から数週間もの時間をかける必要はありません。また、アクセス管理コストを 50% 以上も削減できます。すべては 1 つのソリューションで実現します。

OneLogin の「Winter ‘19 Release」には、OneLogin UAM プラットフォームに対する以下の機能更新についても記載されています。

  • クラウドの RADIUS サービスでは、EAP-PEAP/MSCHAPv2 認証プロトコルをサポートし、Meraki や Aruba などの製品の企業向け WiFi 認証を提供します。オンプレミス コンポーネントなしでこの種のソリューションを提供している IDaaS ベンダーは OneLogin のみとなりました。
  • 証明書ベースのデバイス トラスト機能では、認証/許可時の 2 番目の要素としてサードバーティの証明書を利用できます。VPN や WiFi 向けの PKI に既に投資している組織の場合、認証時の 2 番目の要素としてサードパーティの証明書を利用することで、その投資を活用できます。
  • Trusted IdP はサービス プロバイダ (SP) によって開始されたフローとアイデンティティ プロバイダー (IdP) によって開始されたフローの両方、さらに、ジャストインタイム (JIT) のプロビジョニング (作成/更新) と JIT 属性のトランスフォーメーションをサポートします。

新規管理エクスペリエンス (委託管理機能を含む) では、新しい特権付きモデルを使用して、組織内で管理責任を動的かつ安全に委任でき、誰がどのリソースにどのような条件でアクセスできるかを詳細かつ柔軟に定義できます。OneLogin の新規管理エクスペリエンスの早期アクセス版を利用するには、support@onelogin.com までお問い合わせください。

OneLogin は、NASA、Stitch Fix、Kaplan、Steelcase を始めとする 2,500 以上の組織を対象に数百万もの ID を管理しており、クラウドとオンプレミスの環境全体ですべてのユーザーとデバイスのアクセス管理を一元化しています。

新たな OneLogin ソリューションの提供開始

Oracle PeopleSoft、Atlassian の Jira および Confluence 向けの OneLogin のパッケージ化されたソリューションの提供が開始されました。OneLogin Access for Oracle EBS は、2019 年第 1 四半期末ごろに提供開始予定です。

OneLogin について

OneLogin はシンプルで安全なログインにより人とテクノロジーを結びつけ、Empowering Organizations to Access the World™ による世界へのアクセスを実現する、ユニファイドアクセス管理分野のリーダーです。OneLogin Unified Access Management (UAM) プラットフォームは、アプリ、デバイス、およびデータのロックを解除するための鍵となることで、生産性を向上させ、コラボレーションを促進します。OneLogin は、世界中の 2,500 社を超えるお客様を含め、多数の業界の企業やパートナーにサービスを提供しています。詳しい情報は、www.onelogin.comブログFacebookTwitterLinkedIn でご覧いただけます。

メディア関係者の方のお問い合わせ先
Natalia Wodecki
グローバル コミュニケーション ディレクター
natalia.wodecki@onelogin.com