2018 年 9 月 12 日

OneLogin と Netskope の提携による企業向けクラウドセキュリティの拡張

統合ソリューションにより、企業はクラウドサービスのセキュリティコントロールを強化し、運用化できます

米国カリフォルニア州サンフランシスコ、2018 年 9 月 12 日 — ユニファイドアクセス管理の業界をリードする OneLogin は本日、SaaS、IaaS、および Web 環境にわたるアダプティブセキュリティの導入を目的として、Netskope クラウドセキュリティとの統合および提携の強化を発表しました。このジョイントソリューションでは、企業のクラウドサービスを管理し保護するための、より強力なクラウドネイティブアプローチが提供されます。

企業は認証ユーザーを通してシステムを標的にすることが多い外部の脅威に対して常に警戒している必要があります。OneLogin と Netskope の提携により、組織は認可されたクラウドサービスや活動を容易に発見し、統制することができます。最終的にクローズドループプロセスにすべてのクラウドサービスの ID 管理が一元化され、クラウドのセキュリティとコンプライアンスの一貫性が確保されます。

「サイバー脅威が高まっているため、よりスマートな脅威の検出と予防が求められる。OneLogin のアダプティブ認証プラットフォームを Netskope Security Cloud と組み合わせることで、企業に総合的なセキュリティインテリジェンスが提供され、管理も簡単になる」と、戦略的提携兼チャネル担当副社長マット・ハーレイは言います。

統合の強化により、企業クラウドセキュリティのポテンシャルが高まり、クラウドアプリとユーザー全体で最先端のリアルタイムでのリスク分析および緩和が導入され、アプリケーション管理が向上しています。また、Netskope ユーザーインテリジェンスによるログアウトの強制や多要素認証 (MFA) の適用など、OneLogin の応答アクションの自動化により脅威からの保護が強化されます。SCIM の追加により、Netskope ユーザーは OneLogin を活用して、クラウドサービスにアクセスする特定のグループに Netskope を自動的に展開できるようになります。

Netskope のビジネス開発兼アライアンス担当副社長、リック・ホールデン氏は「本日発表された OneLogin のパートナーシップの拡大に期待している」と言い、「ID 管理とクラウドセキュリティは密接に関連するため、共通の顧客に対して、セキュリティを犠牲にすることなくクラウドのスピードと俊敏性を提供することは非常に重要だ」と続けています。

Sumo Logic の DevSecOps エンジニア、マイク・ハラビ氏は言います。「OneLogin と Netskope のクライアントとして、2 つのソリューションの統合が強化されることは大歓迎だ。この高度なソリューションでデジタル転換が加速し、企業アプリケーション全体にわたって重要なセキュリティ管理機能が拡張され、ユーザー管理が簡素化されることを期待している」

OneLogin, Inc. について

OneLogin はシンプルで安全なログインにより人とテクノロジーを結びつけ、Empowering Organizations to Access the World™ による世界へのアクセスを実現する、ユニファイドアクセス管理分野のリーダーです。OneLogin Unified Access Management (UAM) プラットフォームは、アプリ、デバイス、およびデータのロックを解除するための鍵となることで、生産性を向上させ、コラボレーションを促進します。OneLogin は、世界中の 2,000 社を超えるユーザーを含め、多数の業界の企業やパートナーにサービスを提供しています。当社はカリフォルニア州サンフランシスコ市に本拠としています。詳しい情報は、www.onelogin.comブログFacebookTwitterLinkedIn でご覧いただけます。