一元化されたディレクトリ

Workday、Active Directory、LDAP、Google AppsとOneLoginを同期

クラウドディレクトリ

OneLoginは、直感的なウェブベースのインターフェースを持つクラウドのセキュアなディレクトリとして機能します。これにより、直感的なウェブインターフェースを介してユーザー、ユーザーとマネージャーとの関係、認証ポリシー、アクセス制御を直接管理することができます。組織の階層を維持し、他のアプリやディレクトリとリアルタイムで同期されるあなただけのカスタムユーザーフィールドを使ってユーザーオブジェクトを拡張します。

Cloud Directory Service
Active Directory, LDAP Integration and Synchronization

ディレクトリ連携

OneLoginは、ユーザーをActive Directory、LDAP、Google Appsなどの多数のディレクトリと同期させることができます。カスタムユーザー属性をインポートして、SAMLまたはAPIベースのプロビジョニングを介してダウンストリームアプリケーションに引き渡されます。Active Directoryとの連携により、ユーザーをリアルタイムで同期し、シングルコネクターを介して複数のフォレストとドメインをサポートします。

即時設定

OneLoginのActive DirectoryコネクターとLDAPコネクターは、ファイヤーウォールに変更を加えることなく数分でインストールすることができます。コネクターは自動的にすべてのフォレストとドメインを検出し、OUのツリー全体をOneLoginにアップロードします。ユーザーを同期するOUを選択すると、クラウド上のOneLoginへユーザーがプッシュされ、それ以降は自動的に最新状態に更新されます。

リアルタイム同期

貴社のユーザーの記録システムにActive Directoryを利用する場合、ADの変更と従属アプリケーションの更新間の遅延が重大になります。OneLoginはリアルタイムでユーザーを同期するため、ADからOneLoginと他のアプリケーションまで作成、更新、削除、中断が数秒でプッシュされます。リアルタイム同期は、オンボーディングの効率を向上させるほか、非承認ユーザー対策であるキルスイッチを備えたITを提供します。

Workdayによるプロビジョニング

人材管理(HMC)ソリューションとしてWorkdayを活用している組織の場合、OneLoginはWorkdayからアイデンティティをインポートし、Active DirectoryやGoogle Apps、Office 365、Salesforceなどのクラウドアプリにプロビジョニングするシームレスな連携を実現します。OneLoginのSCIMエージェントを使用すると、ユーザーを社内アプリへプロビジョニングすることもできます。追加設定なしでWorkdayとの連携が可能で、どんなユーザー属性でも最小構成でインポートできます。

Active Directory (AD)
Workday
Google Apps for Work
LDAP

すべてのユーザー、アプリケーション、デバイスを安全に接続