Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

マルチクラウド

クラウド製品の最高の機能を活用

マルチクラウドは、企業がインフラストラクチャのプロビジョニングと管理のために複数のクラウドベンダーに依存するクラウド導入モデルです。マルチクラウド戦略は非常に広く普及しています(企業の92%が使用)。これは主にベンダーロックインがないことが理由であり、組織はさまざまなクラウドプラットフォームから最高の機能を自由に活用できます。

マルチクラウドとは?

マルチクラウドは、単純に、さまざまなパブリッククラウドの組み合わせと考えることができます。マルチクラウドアプローチを使用している組織は、インフラストラクチャ/リソース/アプリケーションを複数のクラウドプラットフォームに分散させます。これは、企業のすべてのリソースとサービスが同じクラウドプラットフォームにホストされるシングルクラウドインフラストラクチャとまったく対照的です。

例を検討してみましょう。デジタルトランスフォーメーションを実行に移そうとしているとします。ほとんどすべての企業アプリケーションをクラウドに移行するつもりです。いくつか調査を行った結果、次のことがわかりました。

  • プラットフォームAは、最も信頼性の高いデータストレージとして評価されている。
  • プラットフォームBは、機能が豊富なメールサーバである。
  • プラットフォームCは、最良価格のクラウドERPソリューションである。
  • プラットフォームXYZのサーバレス・コンピューティング・サービスだけが、自社で使用しているプログラミング言語をサポートしている。

パフォーマンスを最大限高め、コストを削減し、最先端のクラウドテクノロジーを利用するために、マルチクラウドモデルを採用し、アプリケーションスイートをさまざまなクラウド製品に分散させることにします。

シングルクラウドとマルチクラウド

マルチクラウドのメリットとは?

  • 柔軟性: パフォーマンス、セキュリティ、信頼性、地理的位置情報、評判、価格などに基づいてさまざまなクラウドベンダーを評価し、選択します。
  • ベンダーロックインなし: 組織は常に任意のベンダーから最先端のテクノロジーを導入できます。
  • 単一障害点を回避: クラウドプラットフォームが侵害された場合でも、インフラストラクチャ全体が影響を受けるわけではありません。
  • より良いパフォーマンスを提供: お客様の基盤がグローバルの場合、アプリケーションとサービスをさまざまな地域のクラウドプロバイダでホストすることによりメリットを得られる可能性があります。
  • コストの削減: さまざまな製品の中から最もリーズナブルな価格のクラウド製品を選択することで、クラウド関連の支出を削減できます。
  • さまざまなお客様のニーズに対応: お客様AはAWSと提携しており、お客様BとCはMicrosoft Azureの大ファンであるかもしれません。マルチクラウドモデルを採用することで、すべてのお客様を満足させることができます。

シャドーITとマルチクラウド

シャドーITは、IT部門や上級管理職の明示的な承認なしに行う新しいシステム、アプリケーション、デバイスのプロビジョニングとして定義できます。組織がシャドーITにより(間接的に)マルチクラウドを導入する可能性があります。例を検討してみましょう。

開発者のグループがインフラストラクチャチームの承認を求めずに、Amazon Web Services(AWS)でアプリケーションのテストベッドを作成したとします。会社の残りのアプリケーションはMicrosoft Azureにホストされています。

数ヶ月後、インフラチームはAWSのテストベッドに気づきます。この時点で、テストベッドはアプリケーションのテストプロセスの不可欠な部分になっています。Azureに移行して余計なコストをかけるより、インフラチームはテストベッドをそのままAWSで維持することにしました。こうしてチームは、意図せずマルチクラウドを採用することになりました。

マルチクラウドとハイブリッドクラウド

マルチクラウドアプローチとハイブリッド・クラウド・アプローチはどちらも、組織がさまざまなクラウド製品を使用してインフラストラクチャを構築できるようにします。このため、これらの用語は同じ意味で使用されることがあります。しかし、この2つにはいくつかの違いがあります。

  • マルチクラウドには通常、同じ種類のクラウドが複数含まれます(ほとんどがパブリックですが、プライベートの場合もあります)。ハイブリッドクラウドには、パブリッククラウドとプライベートクラウドの組み合わせが、オンサイトアーキテクチャと共に含まれる場合があります。
  • マルチクラウドでは、さまざまなコンポーネント/アプリケーション/サービスが独立して機能します。ハイブリッドクラウドでは、さまざまなコンポーネントが通常、相互に統合されています。

マルチクラウドは安全か?

複数のクラウドプラットフォームを使用する場合、そのままでは攻撃対象領域が増加します。しかし、適切なセキュリティポリシーを導入することで、マルチクラウドアーキテクチャは、シングル・クラウド・アーキテクチャと同じくらい安全になります。結局、クラウドベンダーがどれくらい安全で信頼できるかということにかかってきます。クラウドベンダーを選択するときは、次の質問に回答してください。

  • ベンダーはさまざまなセキュリティ標準(GDPR、HIPPA、PCI DSSなど)に準拠していますか?
  • 最新の暗号化/ハッシュアルゴリズム、通信プロトコル、認証ポリシーを使用していますか?
  • 自動パッチ適用や脆弱性スキャンはどうですか? クラウドベンダーを選択する際は、マルチクラウドであれシングルクラウドであれ、デューデリジェンスを行うことが重要です。

マルチクラウドのセキュリティに関する大きな長所は、単一障害点がないことです。資産はさまざまなクラウドプラットフォームにホストされています。たとえ1つが侵害されたとしても、残りは安全なままです。

マルチクラウド管理

さまざまなクラウド製品にわたってネットワークリソースを管理することは厄介な場合があります。クラウドの自動化、セキュリティ、可視化、および管理に関連するツールに投資することが重要です。最新のツールは、面倒な作業をすべて実行でき、シングルクラウドを使用しているような感覚で操作できます。

例えば、Ansibleは、さまざまなクラウドプラットフォーム間でアセットを自動化できる自動化プラットフォームです。IBM Multicloud Managerは、さまざまなクラウド間での可視性、管理、およびポリシー主導型のコンプライアンスのためのオールインワンツールです。

マルチクラウドの将来に待ち受けているものとは?

数年前、マルチクラウドは冷ややかな目で見られていました。インフラストラクチャチームは、マルチクラウドの展開を管理するのは難しすぎると考えていました。今日では、最先端のツールの助けを借りて、マルチクラウドはかつてないほど普及しています。この導入率は、今後数年間、ますます高まることは間違いありません。

ベンダーは既に、複数のクラウドをシームレスに管理する革新的な方法に取り組んでいます。将来は、外見上は異なるさまざまなクラウドプラットフォームからデータを統合して、処理、分析、消費をはるかに簡単に行うことができるツールが誕生するかもしれません。