Webサイトを快適にご利用いただくためには、IE11以降、Chrome、Firefox、またはSafariをご使用ください。

ハイブリッドクラウドとは何か

メリット、セキュリティ、事例、および管理

ハイブリッドクラウドにより、オンサイトのサーバからプライベートクラウドおよびパブリッククラウドまで、複数の環境にわたるインフラストラクチャを構築できます。この柔軟性と相互運用性が、ビジネスでハイブリッド・クラウド・ソリューションがよく選ばれる理由です。

ハイブリッドクラウドとは何か

クラウドは、ほとんどのデジタル変革構想の中核となっています。しかしながら、企業が自社のインフラストラクチャを、単一のクラウドプラットフォームにすべて移行することは決して容易ではありません。レガシーアプリケーションがクラウドでは上手く動作しない、複数のクライアントが異なるプラットフォーム用に設定されている、コンプライアンスや互換性に関わる課題があるといった問題に直面する可能性があります。この理由により、企業の大部分(82 %)が、ハイブリッド・クラウド・インフラストラクチャの構築を選択しているのです。

ハイブリッドクラウドにより、2つまたはそれ以上の領域を最大限に活用することができます。顧客の機密情報はローカルのサーバ内に保存したまま、顧客向けのアプリケーションをパブリック・クラウド・プラットフォーム上で実行することができます。クラウドアプリケーションがお客様のデータにアクセスする必要がある場合、安全なAPIを使用して実行します。また、プライベート・クラウド・プラットフォームにより、オンサイトのハードウェアやパブリッククラウドに接続することもできます。入念に構成されたハイブリッドクラウドでは、プラットフォーム間の統合や通信が問題になることはありません。

ハイブリッドクラウドとクラウドの違い

一般的に「クラウド」とは、単一のプラットフォームで、すべてのインフラストラクチャとサービスがホストされるものを意味します。例えば、Lambda、S3バケット、APIゲートウェイなどのさまざまなAmazon Web Services(AWS)製品を使用して、インフラストラクチャ全体を構築する場合です。

一方、ハイブリッドクラウドでは、単一のプラットフォームのみに依存することはしません(できません)。例えば、アプリケーションやサーバの一部をAWSで、それ以外をGoogle Cloud Platform(GCP)やプライベートクラウドで実行します。専用ソフトウェアにより、さまざまな環境をシームレスにオーケストレーションし、統合することができます。

パブリッククラウド、プライベートクラウド、およびハイブリッドクラウドの比較

パブリッククラウドでは、AWSやGCPなど、サードパーティのプロバイダが管理するインフラストラクチャをプロビジョニングできます。一般的に、パブリッククラウドはマルチテナントプラットフォームで、巨大なリソースプールを複数の顧客が共有しています。

一方、プライベートクラウドは通常、シングルテナントプラットフォームです。プライベートクラウドの構築と管理は、企業が自社で行うことも、サードパーティにアウトソーシングすることもできます。いずれの場合でも、プライベートクラウドは企業の専用リソースを提供するもので、組織のファイアウォール内に存在します。プライベートクラウドを構築するための有用で高機能なプラットフォームにOpenstackがあります。

ハイブリッド・クラウド・ソリューションにより、異なるパブリッククラウドとプライベートクラウドを同時に使用した作業が可能です。それだけではなく、ハイブリッド・クラウド・ソリューションでは、スタンドアロンのオンサイトサーバもオーケストレーションができます。

パブリッククラウドとプライベートクラウドの比較

ハイブリッドクラウドの例

  1. コンプライアンス要件を満たすため、多国籍金融サービス業者では、機密データを各国用の内部データセンターに保存します。ここでは、AWS Lambdaの機能を使用して、新規顧客の登録と認証を行います。アプリケーションの中には、GCPの仮想マシンで最も性能を発揮するものがあります。この場合、ハイブリッド・クラウド・ソフトウェアを使用して、すべてが上手く連動するようにします。
  2. ソフトウェア企業では、オンサイトのハードウェアでレガシーアプリケーションを動作させています。これらのアプリケーションは、高額な予算を必要とするリファクタリングやメンテナンスがなければ、パブリッククラウドに移行することはできません。しかしながら、このような企業では、デジタル変革を推進するため、新規のアプリケーションをすべてAWSに構築し、ハイブリッド・クラウド・ポリシーを採用し始めました。
  3. ある企業では、AWSとパートナー関係を結ぶ顧客と、GCPやMicrosoft Azureを選択する顧客が混在しています。このすべてに対応するには、ハイブリッド・クラウド・インフラストラクチャを構築する必要があります。

ハイブリッドクラウドの安全性

ハイブリッドクラウドは、設計と統合を適切に行うことで、社内データセンターと同等のセキュリティを実現できます。ハイブリッドクラウドは、一般的に攻撃対象となる部分が多くなり、本質的により複雑であると考えることもできますが、適切なセキュリティおよび管理ポリシーを実装することで、悪意ある犯罪者を食い止めることができます。

ハイブリッドクラウドのセキュリティに関する大きなメリットは、単一障害点がないことです。パブリック・クラウド・プラットフォームが侵害されても、ローカルのデータセンターまで影響が広がることはまずありません。また、ハイブリッドクラウドを使用すると、セキュリティ上重要なデータはローカルの内部サーバに保存されるため、パブリッククラウドに露出する可能性はさらに低下します。

ハイブリッドクラウドのメリット

  • 拡張性: ハイブリッド・クラウド・ソリューションでは、新規顧客のオンボーディングや新しいソリューションの開発を確実に継続できます。新しいパブリック(またはプライベート)クラウドを自在に追加し、既存のインフラストラクチャとシームレスに統合することができます。
  • デジタル変革が容易: 自社のインフラストラクチャを、一度にすべてクラウドに移行する必要はありません。デジタル変革は進めますが、独自のペースで実行できます。レガシーアプリケーションはオンサイトのハードウェアで実行し、それ以外をすべてクラウドに移行できます。
  • コスト効率: オンサイトのデータセンターですべてをホストすると、コストが非常に高額になります。ハイブリッドクラウドを実装することで、リソースをオンサイトおよびクラウドのさまざまな環境に展開し、所有およびメンテナンスのコストを大きく削減できます。
  • セキュリティ: 機密データをローカルに保存し、それ以外のすべてにおいて、パブリッククラウドの最大限の可能性を活用します。さらに、ネットワーク要素が異なるプラットフォームに分散されるため、システム全体が侵害されるリスクは最小になるか、ほぼなくなります。
  • リモートアクセスが可能: ハイブリッド・クラウド・ソリューションにより、クラウドとオンサイトのリソース両方へのユビキタス・リモート・アクセスを提供できます。

ハイブリッドクラウド管理のヒント

  • 可視性を最大化する: プラットフォームごとのネットワークアセットの確認に個別のダッシュボードを使用する場合、作業が煩雑になり、エラーも発生しやすくなります。異なる環境のデータを集計し、リソース全体の完全な可視性を提供するツールを購入することをおすすめします。
  • SLAの確立: サービスレベルアグリーメント(SLA)ツールを購入し、さまざまなクラウドプラットフォームのワークフローを監視して、パフォーマンスや速度のSLA違反が発生すると警告を発するようにします。例えば、SLAツールは、プライベートクラウドとパブリッククラウド間のレイテンシが大きすぎる場合に警告を発します。
  • 安全な接続の確立: 機密データを持つローカルのサーバをパブリッククラウドに接続する際は、SSLやTLSなどのセキュアプロトコルを使用して接続を形成します。さらに、アクセス制御リスト(ACL)は、最小特権の原則を維持する必要があります。
  • エンド・ツー・エンドのオーケストレーション: 自社のデータとアプリケーションは、複数のプラットフォームに展開しながら、シームレスに統合されることがあります。例えば、ローカルのデータベースを、パブリック・クラウド・プラットフォームで実行されるアプリケーションに接続する場合、APIを使用できます。
  • 簡単なプロビジョニングと移行: 開発者と管理者が、異なるプラットフォームに新しいインフラストラクチャを簡単にプロビジョニングおよび移行できるようにする必要があります。

ハイブリッドクラウドの未来

ハイブリッドクラウド市場は活況を見せています。主な理由は、デジタル変革を取り入れる企業が増加していることです。オンサイトのハードウェアで実行するレガシーソフトウェアを統合できる、クラウドネイティブのアプリケーションを構築したい場合、ハイブリッド・クラウド・ソリューションに投資することは賢明な選択と言えます。今後数年、ハイブリッドクラウドの採用はさらに増加するものと予想されます。

また、将来的には、ハイブリッドクラウドの管理はずっと簡単になるでしょう。今後はさらに洗練されたオーケストレーションおよび統合プラットフォームが続々と登場し、企業は安心してハイブリッドクラウドを利用できるようになるでしょう。